幼なじみは校内連続暴行魔

コミック

子どもの頃から、あたしはよく幼なじみの智君からHな悪戯をされていた。それはスカートめくり程度の本当に子どものような悪戯ばかりで、だから今日も、いつもと同じだと思ってた。休み時間に学校の屋上に呼び出され、そのままじっとしてろと言われても、いつものことだと疑わなかった。智君があたしのスカートを下から扇ぎ、下着を覗いて喜んでいるのも、いつものこと。そう思ってた。だけど……今日はそうじゃなかった。智君は怖い顔をして、あたしを屋上のフェンスに押し付けると、下着を脱がしてレ●プした。その日から、智君の性的な悪戯はエスカレートしていった。そして智君の黒い欲望の犠牲者は、あたし以外にも広がっていった……。