ごめん、俺…お前の姉ちゃんが……

コミック

全ての切っ掛けは、俺に人生初の恋人が出来た事だった。
俺の彼女、葉月亜里沙は人懐っこい性格で、見た目も上々…周りの人気も高く、そんな彼女から告白された俺は一も二も無くOKした。
そして、付き合い始めて暫く経ったある日、俺は彼女の家に呼ばれ、期待を胸にその扉をくぐる…と。
「あら、亜里沙…お帰りなさい」
俺達を迎えたのは、亜里沙の姉の麻里亜…その姿を見た瞬間、俺は思わずゴクリと生唾を飲み込んでしまう。
恋人の前だというのに、その姉の肢体から目が離せなくなった俺…そう、俺はこの時確かに『この女が欲しい』と思った。
そしてひょんな事から麻里亜と二人きりになった俺は、自らの欲求に逆らえず、その体を押し倒して…!