淫欲を満たす壷(単話)

コミック

地方へ就職し工場で働くことになった小菅実。
彼が勤める工場では給料日の翌日に変わった習慣があった…。
それは福利厚生として工員の妻が体を差し出し性欲処理をしてくれるというものだった!

この地方では珍しいことではないらしく話には聞いていたが…
実際目に飛び込んでくる映像は想像以上だった――!
入れ替わり立ち代わり女体を求め貪る男たち。
圧倒されている小菅へと手を差し伸べてくる女。

初めて経験するそれは小菅の理性を溶かすのに十分だった。
突かれるごとに快感に表情が変わる女にのめり込んでいく。
その淫宴はいつ終わるともしれず――――!?

熟し切った人妻の肉感女体を濃厚エロスでチョコぱへが描く!