ウバタマショジョ(単話)

コミック

千津子は大介に惚れてます。千津子から仕掛けているのに、捕まった形にしたいのです。今回は自宅、メス犬の首輪を取り出し、ずっとお慕いしてました…と愛の告白、しかもメッシュの挑発ブラとパンティで淫情を盛り上げ、ご奉仕系のフェラ、襞壷を掻き回されて肉棒の上から座ります。奥底まで届く肉幹。牝犬だからシッポも沈めて乱れ、いよいよ菊肛で交わるアブノーマルな幸せ。