憑りつき×乗っ取り×孕ませろ!(単話)

コミック

幽体離脱で憑りつき相手を意のままに操ってしまう新感覚憑依レイプ連載衝撃の最終話!!
幽体離脱…それは究極にして至高の絶技。無気力ニートで生命力が極端に薄い主人公の外場誠(そとばまこと)はオカルト掲示板で仕入れた自由に幽体離脱する方法を半信半疑ながらも試すと簡単に成功してしまう。妹の瑠美(るみ)に憑りつき身体を操りセルフレイプした誠は、義母の亜依(あい)にも憑りついて遊びに来た親友の太志(ふとし)とSEXさせ二人の弱みを握る。憑りつかれた二人はアダルトショップからの帰宅途中、瑠美が相談していた退魔巫女の狐魂幽輝(こだまゆき)に出会う。誠と太志の魂を封印しようとするが太志の魂封印後、不意をつかれて誠に憑りつかれる幽輝。誠は幽輝に憑りついたまま盗撮仲間の元に向かい、仲間たちの性欲を満たすため幽輝とSEXさせてしまう。幽輝が疲れ果て脱力した隙に彼女を拉致する誠と太志。彼等は太志が所有する山奥の洋館地下にある秘密の調教室に瑠美、亜依、幽輝の三人を連れて行く。幽輝が目を覚ますと自分の身体は拘束されており、目の前では繰り返し憑依され「トランス」状態に陥ってしまった瑠美と亜依が誠たちと激しくSEXをしていた。幽輝は負けないでと瑠美と亜依を励ますが、すっかりSEXの虜になってしまった二人の耳には届かず、誠たちの言いなりになっている二人と共に幽輝も再び激しく辱められてしまうのだった!!