突風のお手伝いさん(単話)

コミック

爆乳を揺らしながら自転車で疾走する美里。辿り着いた先は若いオスの臭気を放つ一軒家。そこの住人は姉夫婦の息子・ヨウ太のみ。美里は過保護な姉から留守の間、ヨウ太を気にかけてやってほしいと頼まれたのだ。ならば、親がいない間にオナニーを満喫するであろうヨウ太に会いに行かない手はない。オナニーのお手伝いをして青臭いザーメンを搾り取るのだ♪
パイズリの匠ミル・フィーユが贈る極上の筆おろしレッスン!