囚獄のエルフ(単話)

コミック

オーク討伐の依頼を受けたエルフのフォルケと妹のアドラは逆にオークの襲撃にあって離れ離れになり捕まってしまう。
抵抗むなしく捕まり犯されたフォルケはオークの子を身ごもってしまう。
隙をみて脱出しようとするも失敗し再び捕まってしまう。
お仕置きとして犯されていたとき、目の前にオークに犯されているアドラと出会う。
すっかり快楽に堕ちてしまっていたアドラはのフォルケに素直をなるように囁く。
アドラも堕ちて守るものがなくなったフォルケは自らオークのペニスを求め始める。
激しく挿入され、吹き出す母乳を吸われながら快楽へと沈んでいくのであった。

※『二次元コミックマガジン ボテ腹セックスで肉便器堕ち!Vol.1』に掲載されている作品です。