通いJK(単話)

コミック

お隣から通って来てくれて、夕食の用意ばかりか、下半身まで癒してくれるJKやよいちゃん。しかも夢中になってしまうほど美しい特大乳房。思わずムギュッと握って顔を埋めてしまう。もっと気持ち良くしてあげたくて、やよいは乳房の谷間に勃起を沈めてパイズリ口淫。オッパイ射精で終わらず、中にだしてもいいよ…と初膣に招いてくれた。深く幸せなドッキング。