カンチガイ(単話)

コミック

久しぶりに我が家に泊まることになったしーちゃん。懐かしいね、キー君、大学に付き合ってる人がいるのかな…と思いながら、憧れの親戚の先輩となんとかして親密になりたい。パンチラしたり、胸元見せたりするのに、ノってこないキー君。あれぇ、ベッドで長い髪の毛、発見。恋人いるのかな…と気にしながら、挑発を止められない。いくらなんでも、そんなチンチンまで舐められたら、ボクだって知らん顔できないぞ…とのしかかって挿入。嬉しい関係の始まり。