恋獄の黒花嫁〜今宵、奪われる純潔〜(単話)

コミック

「初めてでコレか…随分淫乱な躰だな」私はお金で買われ、謎の御曹司 薫さんの花嫁となった――。天涯孤独、施設で育った私にとって、最初の本当の家族…今度こそ幸せになれるのかなと思っていた…。初夜、躰を這う薫さんの指先、喉の奥から漏れる私の囀り、秘部から溢れる蜜…薫さんに抱かれ、処女を散らし、夫婦となったけれど…「お前はただ啼いていればいい…」何度躰を重ねても、苦しそうに私を抱く彼の気持ちがわからない…なぜ私が妻に選ばれたのか、彼の冷たい瞳の奥に見える悲しい影は一体――? 独りの少女をめぐって、運命の歯車が狂いだす――…