奥まで突いてよ、お父さん!

コミック

「お父さん。好きだよ、大好きだよ」。こんな甘い言葉を私が誰かの耳元でささやくなんて、ほんの一ヶ月前までは想像もしなかった。だって、それなりにポリシーもってギャルやってたから。なのに…。ひょんなことから、私はおふくろの再婚相手の義父と恋に落ちてしまったの。ポリシーって何だっけ?お父さんにガンガンおマ○コ突かれる度に、そんな言葉どっかに飛んでいっちゃう。精子まで加齢臭だし、汗はネバネバしてるけど、存在感があってそんなところも好き。お父さんの乳首をなめてあげるとね、すっごい可愛い声で悶えるんだよ。私はもうキュンキュンしっぱなし♪お父さん、これからもずっと一緒にいようね