親友の母親は俺の恋人(フルカラー)(単話)

コミック

「もう、子供じゃないんですよ…好きです依子さん」俺は親友の母親に恋をしている。親友の家が母子家庭である事と、その意味を知った時に、自分の気持ちが音を立てて変化するのに気付いた。依子さんは子供の言葉として聞き流していたかもしれない。でも…今はもう子供じゃないんだ…。俺は意を決し、精一杯の言葉と愛情を依子さんに伝えた「好きです、依子さん」間を置きながらも気持ちに応えてくれる依子さん。「こんなおばさんでいいの?」その日、ついに僕は憧れの人と……