触手学園〜イジメの代償〜(単話)

コミック

怖くなるほど月の綺麗な夜だった。そして、その月よりも彼はもっと美しく、俺の上で――……という夢を見た(淫夢)。知ってたし…!大体途中から気付いてたし!! 多分この夢は俺の夢じゃない。‘誰か’の記憶だ。その‘誰か’なんて一人しかいない。じいちゃん、やっぱりあの人となんかあっただろ!!