放課後ラブホでJKと。〜俺は何度も生徒のナカで…〜(単話)

コミック

「もう我慢しなくてもいいですよ、先生…」――放課後、二人きりの教室で教え子である幸村あかりからされた突然の告白。からかわれているだけだ…そう思い、軽くあしらって帰ろうとするとキスをされて…。「私が恋人だったらこんな事もできますよ?」そう言って、すでに熱を帯び、膨張した俺のモノを口に含み、舌を這わせるあかり。親子程も歳の離れた教え子のカラダに欲情した俺は、彼女の純潔を本能のままに奪い、そして…。