エロマンガ家さんが通りますよ!(単話)

コミック

「私は絵が下手だ。でも、エロマンガ家をやっている――」 編集者からのダメだし、読者からの酷評、世間の目、低収入…。イバラの道をあえて進むのはなぜなのか!? 鬼編集にボツられてはエキセントリックな閃きで乗り越えていく、波乱万丈でちょっぴりエッチな新人エロマンガ家奮闘記☆【桃色エンジェル】