孕鬼堕神(単話)

コミック

村の女を次から次へと襲っていた色欲魔である山鬼は、村の男たちによって捕らえられてしまう。
身体中にお神酒を浴びせられ、力を失った山鬼は村の存続のために子を孕ませられることになってしまう。
御神酒をたっぷりと擦りつけたペニスによって容赦のない突きを食らわせられた山鬼は思わず絶頂。
精液を浴びせられ、自身の身体に群がるペニスに屈した山鬼は自ら肉便器になりさがっていくのであった。

※『二次元コミックマガジン ボテ腹セックスで肉便器堕ち!Vol.2』に掲載されている作品です。