ヌーディストビーチに修学旅行で!! 第3話

コミック

末森が挙手したその直後、古手川がその前に割り入り直達を静める役を買って出た。それはエロい意味ではなく、末森を想っての行動だった。恐らく直達のことが好きであろう末森に、エッチな空気で流された状態で会わせることはどうしても躊躇われたのだ。しかし古手川が手コキとフェラで抜いても直達の勃起はおさまることなく、そのまま蛍夏にバトンタッチ。彼女も同じことを指摘し「男性側が初めてってもナンだし、あたしで練習しない?」と提案してきた!