ヤクザじゃないもん

コミック

「貴方の顔が怖いんです!」雨の中そう言って去って行ったあの女…!怒り心頭なわたしを優しくなだめるお兄ちゃん。命の恩人であることを差し引いたって優しくてカッコよくて逞しくていいとこ尽くめなのにどうしてみんなわからないのか!それなのにお兄ちゃんは独り身でもいいと言う。そんな弱気で女の子の知識がないからダメなのよ!わたしがお兄ちゃんに女のこと教えてあげなきゃ!