30分間の恋奴隷 ~義娘の柔らかい乳房と甘く濡れた舌~ 1

コミック

挙式を一か月後に控えた僕・小井戸玲二は、妻となる舌味愛と彼女の連れ子・恋ちゃんと暮らし始める。新居で恋ちゃんと一緒に荷解きをしていると、彼女が身を寄せてきた。それは彼女の息が僕の顔に当たるほどの距離。すると彼女は突然僕を壁に押し付けて囁いた… 「ねっ、キスしよっか?ママには内緒で」。…ふと気づくと、僕は彼女と口づけを交わしていた。絡みつく甘い舌、熱い唾液、白桃のように美しい乳房が僕の理性を溶かしてゆく。すぐ向こう側には妻の姿、そして時折僕を呼びかける声が…。だけど僕は彼女の匂い立つ肢体の蠱惑に勝てなかった。そしてその日から一日数十分、妻の目を盗んで、僕と義娘の内緒の関係が始まる。