単身婦妊(単話)

コミック

単身赴任の旦那が帰って来る日でさえ、二ノ宮は若妻の家で待ち構えていた。あの人が帰宅するから、もう来ないでって言ったじゃない…と拒んでも、ボディをまさぐられてすぐ躰が蕩け、旦那と再会のキスするお口で他の雄チ○ポしゃぶって淫欲にスイッチが入り、他人ザーメンの匂いを感じただけでマン汁を垂らす牝になりましたね…とからかわれながら、夫の帰る寸前までスリルいっぱいのふしだらSEXに燃え叫ぶ美人奥さん。夫に甘え、浮気の痕跡もなく子作り媚態性交。