オトメスイッチ〜彼が持ってる彼女のリモコン〜

コミック

主人公・水谷晴樹(みずたに・はるき)は、とあるきっかけで謎の“スイッチ”を女教師から託される。昼休み、晴樹がそのスイッチを入れると、同じクラスの美少女、櫻木文香(さくらぎ・ふみか)に異変が。顔が紅潮し、何かを我慢するように教室を出た文香を呼び止めた晴樹は、無人の教室へ文香を誘い、スイッチのことを話す。文香が身に着けていたものを見せてもらうと、それはロー●ー。使い方を知らない文香と、スイッチを託された僕。つまり、僕は彼女にこれを使えということか? 晴樹はロー●ーを文香のアソコに押し当て、刺激に悶える文香を見て「もっと刺激を与えたいな」と考える。そして晴樹はついに、自らのペ●スを文香に挿入し――。