スタンド・バイ・ミー

コミック

孤独で腐りそうな時、僕はいつもその曲を聴く。忘れられないメロディー…夢中で聴いていたその時の光景も思い出させてくれる。公園でフルートの練習をしていた少女、僕はいつしかその少女と彼女の奏でる音色に惹かれていった…。彼女と唇を重ね。柔らかい乳房を揉み、初めてアソコに挿入した……彼女が告げた真実を確かめる為に……。