犯る気スイッチ ~家庭教師の僕が生徒を催眠レイプしまくる秘訣~ (2)

コミック

待望のGOT初コミックス『催淫制服処女』が絶賛発売中の肉そうきゅー。が放つ新感覚催眠レイプ連載第2話!!主人公の青田伝助(あおたでんすけ)は受け持った生徒の成績を必ずアップさせるという凄腕家庭教師として人気だった。その秘密は「犯(や)る気スイッチ」にあった。「犯る気スイッチ」とは体のどこかにある光るスイッチの事でそれを押す事により日頃の溜まった不満(ストレス)を性的欲求として一気に爆発させることができスッキリした気持ちで勉強に集中する事ができるようになるというものだ。そして伝助は「犯る気スイッチ」を利用して受け持った生徒を食いまくっているのだった。今日も伝助が事務所で伝助に家庭教師をしてもらいたいという生徒のプロフィールを物色していたところ、事務員の美月(みつき)たんから声をかけられ伝助がお世話になっている御薗(みその)教授からの指令で今日受け持つ生徒のプロフィールを渡される。そのプロフィールにはビッチ臭漂うJK・凛華(りんか)の写真が載っていてゲンナリする伝助だったが、教授の命令には逆らえないので渋々凛華の家に出向く事に。凛華は予想通り伝助の大嫌いなビッチだったので、さっさと仕事を終わらせようと首の後ろに光る「犯る気スイッチ」を押す伝助。スイッチを1回押す事により催眠状態に陥る凛華。そこでいくつか凛華に性的質問をする伝助だったが、予想もしない答えが返ってきて…。