【フルカラー成人版】戦乙女ヴァルキリーG

コミック

何百年もの間、神々と魔族は『ミッドガルド』と呼ばれる大地を巡り、争いを繰り返していた…魔王軍暗黒騎士団団長デュークの手に落ち、捕らわれの身となってしまった三人の戦乙女蒼穹の戦乙女レイア、残月の戦乙女アリーヤ、大地の戦乙女ヒルデガード。彼女達は昼も夜も絶えず魔族の情欲の捌け口となりながら生き長らえていた。月が欠ける蝕の日の夜、レイアは暗黒騎士団の兵士に輪姦されていた。泣きながら許しを乞うレイアだが兵士はその言葉を聞き入れずレイアをメチャクチャに犯す。その様子をデュークの側近であるロキが楽しそうに眺めていた。一方、調教部屋では理性を失ったヒルデガードが淫靡な嬌声を張り上げオナニーをしていた。