新米バスガイドの処女奪っちゃお!! いけにえ:巨乳のみずはは19さい(単話)

コミック

陵辱プレイの新たな地平を切り開くバスガイド特殊レイプでちぇろがグレープに再び登場!!
修学旅行二日目のバス車内で、ヤンチャ盛りの男子生徒たちにセクハラされてしまう新米バスガイドの瑞葉(みずは)。引率の先生は前日の夜に食べ過ぎ体調を崩してしまい級長を務める響(ひびき)が先生の代役を務める事になったのだが、その日の車内は先生がいないのをいい事に生徒たちが瑞葉にセクハラしたりカラオケを歌いまくったりと無秩序状態に近かった。負けじと響は中心になって悪戯してる生徒をチェックし、帰ったら先生に報告すると注意したりしながら瑞葉を守っているとお社がある休憩所にバスが着く。なにかと縁起をかつぐのが癖になっていた瑞葉はそこでも「いつか素敵な人とめぐり逢えますように」とお詣りするが、仕事中にセクハラされたことなどなかった瑞葉はついセクハラ行為を思い出してしまう。お詣りを終えバスに戻ろうとするとお社から謎の光が放たれ、その光は瑞葉を突き抜け生徒たちがいるバスに到達する。何事かと思いつつ瑞葉がバスに戻るとそこには様子がおかしくなった生徒たちが待ち構えていた…。