真珠色の残像(単話)

コミック

こんなこと、許されるはずがないわ…と拒み、抵抗しても、躰はますます燃え濡れ、娘の夫、祐介の灼熱の男根に乱れ達してしまう義母、百子。ほらお義母さん、一匹の牝になって、最後までしてくださいと娘の夫に頼みなさい…と貫かれる肉茎の雄々しさに慎みも倫理感も剥奪されていく。実の娘と一緒に温泉旅行にいくというのに、百子は、ありったけの淫らな仕掛けをしますよ…と伝えられて、憤ることもできず、禁断の不貞に体を熱くしてしまう。