快感★危ないマッサージ(単話)

コミック

巨乳って、重た〜い! だから肩がこるんだよ。それで、思いきってマッサージ店に入ったんだけど、なんか巨乳をもまれて気持ちイイし、特別サービスで先生の熱いモノをくわえさせられ、私のアソコは疼いてもうダメ〜! 先生、じらさないで、ああ、先生の熱いモノが私のおなかの奥でグリグリきて、き、気持ちイイ! もっと、もっと、ズンズンきて、私のあふれる愛液で濡れた膣を、お願い先生、激しく突いて、突いて〜! あ、ああ〜、い、いっちゃう―ョ!!他、エッチで興奮間違いなしの短編集!!