禁断のマゾ調教!!母が息子と!?

コミック

僕のママは、いわゆる’女主人’’支配する女’だった。そして僕は随分永い事彼女に支配される’無力な子供’であったのだ。本当に気
の遠くなる程永い時間。鞭打ちにママがエロティックな興奮を感じていると気づいたのは一体幾つの時だったろう?剥き出しにされた僕
のお尻を見る彼女の目つきが、ほんの少し執拗だったとか。あるいは唇の端に刻まれた微かな笑いの欠片とか?それと気づいた時か
ら僕は半ば無意識に媚び始めた。痛みに呻きながらも、ほんの少しおおげさにお尻をくねらせ、ほんの少しおおげさにすすり泣いた。
そうするとママが喜ぶので。それは無力な者の保身であり、同時にママの中の’女’の部分への攻撃でもあった。見てる。ママが僕の!?