白濁告白

コミック

聖の所属する文学部はただ本を読むだけの、静かでとても穏やかな部活。ここに遊び好きの美愉が加わると、一気に空気が華やかになる。彼女と、密かに想いを寄せる紀伊くんのやりとりはまるで夫婦漫才のようで羨ましくもある。テスト勉強のときに3人でと遊びに誘われて、彼女の点数が良ければと答え、つきっきりで教えたのが功を奏したのか結果は上々。でもなんだか、美愉の様子が前とは違っていて…?