寝ぼけた姉貴と…目覚ましエッチ!〜電動ハブラシ当てちゃダメぇ(単話)

コミック

「あんっ、電動ハブラシで…ソコはダメぇ…!!」――美人で優しい自慢の姉貴と朝からお風呂で洗いっこ!? おっぱいを撫でると、ぬるぬるやわらかい肌に指が沈み込み…。姉貴が甘いあえぎ声を漏らしながら「次は下も洗って」だって!? 調子に乗った俺は電動ハブラシで姉貴の敏感なアソコをぶるぶるぐちょぐちょ!! 「ひゃん…この振動っ…すごいぃ…!」「そんなにしたら…おかしくなっちゃう…!!」ビクンビクン反応する姉貴を見てたら、もう止めらんねー!!