【フルカラー成人版】春恋乙女

コミック

【フルカラー61ページ】今と同じ、桜の舞う春も半ばの出来事だったから…取り戻した記憶…。あの事故の出来事を知った章仁は、愕然と肩を落とし、とまどい、ショックは大きかった。だが、現実を受け止め、自分の気持ちがいつの間にか揺らぎ始めていた事に気付く。何日後、黎明館で章仁と莉流、彩花の姿があった。そこに注文をとりにきたのは羽未であった。章仁に気付き言葉を交わす二人…、しかし、その姿は互いに強ばり、あまりにも不自然である。今まで兄妹という関係であれば良かったのかもしれないが、あの日以降誰がみてもその違和感は隠しきれない。章仁をみつめる結衣佳の寂しげな眼差し…如那のことば…莉流の気遣い…羽未の思い…。時間が経過し、章仁の気持ちは更に強いものとなり、やがてその時がきた。「羽未が…好きだ」