花園ノ雌奴隷(単話)

コミック

蒼穹の催淫陵辱ファンタジスタ・肉そうきゅー。が奏でるお嬢様学園奴隷調教レイプ連載第6回!!
女子のみが入る事を許される由緒正しきお嬢様学園「聖(セント)ブランシュール女学院」で中年の主人公・千羽屋乙吉(せんばや おときち)は事務員兼警備員として働いていた。乙吉は学園内に隠しカメラを仕掛け女生徒を盗撮して楽しむのを趣味としていたがある日、養護教諭の睦美(むつみ)にそれがバレてしまい、人生が終わったと自暴自棄になった勢いで睦美をレイプしてしまう。しかし、そこから乙吉の人生は180度変わってしまった。睦美のサポートを受け次々と女生徒をレイプして行く乙吉。そしてついにはシスターまで…。そんな乙吉は今日も学校の更衣室で女性徒を犯していた。気分良く犯して中出し射精を決めようとしたその瞬間、更衣室の扉が開いて生徒会長の倖月・セラフィナ・聖良(こうづき・セラフィナ・せら)と副会長の華島伊澄(はなしま いすみ)に見つかってしまう。ここで捕まるわけにはいかないとばかりに逃げ出す乙吉を聖良が護身術の投げ技で仕留める。気絶させられた乙吉が目を覚ますと目の前には怖い顔の学園長と聖良が立っていた。絶体絶命の窮地に立たされた乙吉の運命は?奇跡は起こるのか?