淫らな義母(単話)

コミック

年の離れた資産家に見初められ、婚約者として徳永家の敷居を跨いだいずみを待っていたのは、当主が前妻との間に儲けた長男・昌夫による性的迫害。そんな悩めるいずみに手を差し伸べたのは、昌夫の迫害をいつも傍観していた次男・大介であった。だが、自分を母として受け入れてくれる大介に気を許し、そこに付け入られたいずみ。媚薬を飲ませたと囁かれ、乱暴な昌夫とは違う快楽を味わわせるテクニックに火照った体が感じずにはいられない。薬のせいだとすべてを甘受してしまうが…