ヤレそうな人妻には、手を出しています。(単話)

コミック

「桜井君のお○んぽを入れて欲しい。でも…いやらしい店では無いから…。あくまでもここはマッサージ店…」ごく普通の家庭の主婦・光はふと入ったマッサージ店で、秘かに憧れていた桜井に出会う。知り合いの気軽さから、ハダカになり、言われるがままに施術台に寝かされマッサージを受けるのだが、乳首に桜井の手が触れた時、電流が走った様な快感が走る。「ひゃああうん!」つい声を上げた光の股間へと桜井の手は伸びて行って…