強制 牝堕ち日記 〜ウズウズしてガマンできなくなるノート〜(単話)

コミック

「いや…どうしちゃったの…なんなの…これ…」 ある日、父が突然亡くなった。残されたのは財産と古ぼけたノート。そこには卑猥な日記が書かれていた。自分も同じような体験がしたいと、憧れている同級生との妄想をノートに書いた。翌日、ノートに書いた事が現実に!? 欲情した彼女が、欲求を抑えられず淫らに迫ってくる!! これさえあれば全ての女は俺のモノだ!