淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第5話】調教の日々

コミック

女王・遥の奴隷たちの全貌が、ついに登場――!調教されメス豚奴隷となった彩央依が連れていかれたのは、マンションの地下に造られていた調教部屋だった。出張でマンションにいない旦那には真実を伝えられるはずもなく、思いつめながらもどんどん開発されていく身体……。己の欲望を持て余す彩央依には、遥の奴隷である『肉棒』たちによる愛撫に逆らえるはずもない。「やっめてくだ―― ひっ!? いやァァ――ッッ!!!」彩央依の抵抗など、『肉棒』にとっては興奮をかき立てるスパイスにしかならない。遥の牝奴隷として、マンションすべての住人から認識された彩央依のことなど、気を遣うものは誰もいない――。自らの弱点をすべてさらけ出されているため、的確な責めの前に、彩央依の理性はたちまちはじけ飛び、悦楽にもまれアヘ顔を浮かべ嬌声をあげる。「ひっは…ぁ イ…がせ…へぁ おヒリ…でェエ~~」尻穴を壊れんばかりに突かれ、彩央依はただその刺激に身悶えていく……!!巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描きあげる牝奴隷凌辱録、身も心も牝奴隷となった彩央依はどうなってしまうのか……!?一気に佳境へと突き進む第5話!!