緋龍高弘短編集~静寂の檻~

コミック

「すごいね…指が3本も入ったよ」――地下室にとらわれた純情なメイドを、館の主が毎晩のように責め続ける…!怪しい液体を注入され、快楽の虜となったメイドが知る真実とは!?表題作『静寂の檻』を始め、美しい妻に執着する医者の狂気『A病院の秘密』、オフィスに隠された秘密の部屋で繰り広げられる饗宴『開かずのロッカー』など、マニアックなセンスを詰め込んだ禁断の短編集!!