発進!妊娠中出し列車

コミック

書道部部長で真面目な孝子は朝練に参加しないギャル風少女の後輩はるの理由を探ろうとする。翌朝、はるの後を追い電車に乗り込んだ孝子だったが、その電車は少子化対策の一環として配備された『こづくり特別列車』だった。女性が子を孕むことを義務化された社会ではあるものの、子供を生むのはまだ早いと考えていた孝子は男たちに求められると怖くて泣き出してしまう。そこで見知った声を聞き安心した彼女は、勘違いしたはるに優しくサポートされながら男達とHしてしまう。最初は怖がっていた孝子だが、男達の巧みな愛撫に愛液が漏れ、未発達の小さな膣内にペニスを挿入されると快感に耐えられず蕩けた表情を浮かべていってしまい……。