逝ったハズの義父住職に弄ばれる四十九日(4)

コミック

「主人の目の前なのに、お義父さんに抱かれて感じるなんて…」先代の住職だった父親が急逝し、修行もしないままお寺の若住職になった夫。その夫と共に田舎寺へと移り住んだ亜夢は、毎日嫌な視線を感じていた…。「誰かに覗かれているような気がするの…」と不安がる若妻を舐めるように見つめる視線の主は、なんと先代の住職である義父の霊!やがて実体化した義父霊は様々な手法で、ムスコ妻をネトリにかかる。