ラブちゃんぽん (1)

コミック

飲み会の帰り、未央を家まで送った将太は、酔った勢いでセックスをする。密かに思いあっていた二人だが…。朝、未央を置いて先に部屋を出た将太。目が覚めた未央は昨夜のことを思い出せずにいた。誰かが居た匂い…濡れたカラダ…確かに私は誰かと…。記憶が曖昧な未央を付け狙う主任の魔の手…。未央の将太に対する態度は次第によそよそしくなり…。落ち込む将太を慰めようとする咲の誘いに揺れる将太。俺…何やってんだ…。