黄金スープ

コミック

ダッシュで出前を配達中に、足元トラップによくある黄色い滑るアレが!なんとか取り繕って出前先に持って行ってみたけど、岡持ちから滴り落ちるスープであっけなくバレてしまう。このままではまた父ちゃんに叱られてしまう!なんとかお代を頂こうと粘ると、今履いているパンツをくれたらお代をくれると言うではないか!背に腹は変えられないと決死の思いでパンツを渡すも、手に置かれたのはチャーハン代のみ。ラーメン代が欲しければ、どんぶりに君のスープを入れろと言われてしまい……?