言えないヒミツ

コミック

大好きな妹モノのエロゲ。もう一回セリフを聞こうとしたら違う声で呼ぶ声が。後ろに居たのは画面の向こうじゃなくて現実の妹だった!ジャンルが妹モノなだけに、母にバレたらお怒り通り越して命が危ない!そんな俺を見て妹は、内緒にするから今ここでプレイしてくれと言う。妹が俺の上に座るとかセリフを音読するとかこの状況もヤバいが今はそれどころじゃない!このままでは…そう、ゲームが濡れ場シーンに突入してしまう!!なんとか阻止しようとするが妨害も空しく、画面の向こうの妹はお兄ちゃんに告白を始めてしまい…