いわゆる玩具

コミック

両親が海外へ移住し、世話役としてやって来た叔母と同居することになった蒼一郎。叔母の玩具として性的に弄ばれることに屈辱を覚えつつも、彼女の白く豊満な裸身を押し付けられると硬く勃起してしまい、それをまた揶揄される日々…そんなある日、蒼一郎はクラスメイトのマセた男子から「女の嫌がる事」を教わる。逆襲のチャンスを狙い、自ら叔母の部屋へと赴いた蒼一郎だったが…『いかにして母は女を解放したか』の御手洗佑樹が描く、魔性の近親エロス!!本作品はマグナムX Vol.20に掲載されています。