ろーりーえーす

コミック

授業の音読で、自分の番が回ってくるのをそわそわしながら待つあゆこ。しかし先生は自分を避けて別の男子を指してしまう。どうしてか…それは、先生はあゆこに見つめられるだけでフルボッキしてしまうくらい欲情してしまうからだ。言葉巧みに誘うが、けっして好きとは言わせない、キスもさせない。いやらしく先生のチ○ポをシコシコしごいて、生えたての成長期ま○こをこすりつける。あとは、先生の細い理性の糸をそっと切ってあげるだけ…。