蜜に群がる蟲 (3)

コミック

学生の息子を持つ母親・倉持智子は、主婦業という平凡な毎日のストレスから万引きをしてしまう。あろう事か智子はその瞬間を息子の同級生に目撃されてしまい、口止めのため、智子はその同級生とセックスするのだが…事態はそれで治まる事はなかった。その以来、智子は息子の同級生たちに玩具の様に犯される続ける日々……しかし二ヶ月を過ぎたあたりから、それもなくなっていった。きっと飽きたのだろう……ただ一人の少年を除いて…。その少年は智子を拘束し、電マを使って、イキそうになると止めるという、イクにイケない調教を施し始める。我慢に我慢を重ね、ついにイケるように絶頂を味わった智子は、大声で絶叫しながら痙攣してアクメする。それは智子の理性が少し壊れたのを感じた瞬間でもあった…。