love birds

コミック

主人公のお兄ちゃんは、姉の家でその娘、つまり姪っ子のりおちゃんと二人でお留守番中。彼の姉はシングルマザーで、たまに仕事で家を空けるときは、こうして姉宅にお邪魔して、りおちゃんの面倒をみるのだ。そんなりおちゃんは、JSながらファッションに興味があるようで、その世代向けのファッション誌を広げながら、このワンピースが欲しいと大きな目をさらに大きくするが、先月買ってもらったばかりだから無理と、自らトーンダウン。女手一つで家庭を守るママのことを思うと、贅沢なんか言ってられない。彼女なりに我が家の経済状況を理解しているのだ。しょんぼりするりおちゃんに、お兄ちゃんは『どんっ』と自分の財布をアピール。彼には自由になるバイト代があって、りおちゃんが自分の言うとおりにしてくれたら、お礼にこのお金で好きな服を買ってやる、と提案するのだった。『ピピッ』と、スマホ独特のシャッター音が部屋に響く。りおちゃんはうつ伏せになりながらカメラ目線でニコリ。ヒラヒラのミニスカートからは、無防備にもパンツが覗いている。お兄ちゃんの提案とは、りおちゃんを被写体にした撮影会のことで、彼女は無邪気にも、お兄ちゃんの言われるままにポーズを取っているのだ。先ほど彼が言った、忙しいママの代わりに俺が写真を残してやろうという言葉に、一片の疑いも持たないりおちゃんは「次はどんなポーズしよう?」とノリノリだ。そんな彼女に、仰向けに寝転んでみてと注文するお兄ちゃんは、「こう?」と素直に従う我が姪っ子にゴクリと生唾を飲み込むと、もっと足を開こうか?と彼女の細い足に手をあてがって、その先に小さく覗く、股の付け根へと指を這わすのであった。