闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~ 3

コミック

少女は美味しい山菜と川魚が大好きだった。少女は子供のままでいたかった。女になどなりたくなかった。少女は、目が見えなかった…。心因性のショックで失明した少女が、里子として過疎の村にやってきたのは数年前。このところ急速に膨らみつつある胸と共に、ある不安を膨らませていた。少女の身体が女になった頃、その不安は現実のものとなる。少女は大好きなおじいちゃんから村の古い因習である‘夜這い’を受けたのだ。のどかな山間の里で、女に飢えた村人たちによって日夜繰り返される淫行に、身も心も蹂躙されていく。絶望の淵で少女はいつも夢見ていた。光を取り戻した目で、いつか村から逃げ出すことを――