トロトロ旨ミルク

コミック

エルフの集落からはぐれてしまいミノタウロスの里で暮らす少女アルク。ミルクバーの店主ノアの下で働く彼女はノアの役に立ちたいと願いミルクの仕入れを手伝う。ある夜、ミルクの仕入れ先となる小屋でアルクが見たのはノアが里のおじさんに膣内をつかれ母乳を搾る姿だった。大量のミルクを噴き出しながら絶頂するノアの前でミノタウロスの極太ペニスに処女を奪われるアルク。大量の精液を子宮に注がれたアルクは肉体がミルク作りのため膨乳していることに驚くも、次第にペニスと搾乳に快楽を感じ始め、ノアのミルクを飲みながら母乳を噴き出し絶頂するのだった。