HITOMI-偽典 生贄夫人-【第26話】

コミック

非情な運命の糸に絡まる人間模様――歪んだ愛情と情欲にまみれ、ついに核心を突く、男と女の真実の物語が今ここに――本当の愛とは?夫婦とは…?工藤、熊沢らの企みにより、男たちの手によって体中を責め続けられた妻・ひとみ。それからの日毎夜毎、ひとみは欲望のままに自身の体を慰め続ける。襲来した男たちの置き土産…恥ずかしい玩具で自らを嬲りまわす。それでも、ひとみの内なる熱情を冷ますほどには、到底及ばなかった。「嫌…こんなこと…したくないのに…どうしても肉体が疼いて――いっ…くぅううぅあ!!」執拗に植えつけられた、肉欲への羨望、嘆願……。夫・隆明以外の男根で犯し抜かれる様を夢想し、自慰に耽るひとみのもとに、新たな恐ろしい企みの鐘を鳴らす、一通のメールが届いた――…。「ダメェエエいやっいやあ!うああっみっ見ないで…へェ、あなたっ…!見ないでください~~!!」ついに明かされる真実――!忌まわしい記憶の眠るホテルの一室で、妻・ひとみが目にする驚愕の事実――!!体中が性感帯と化したひとみに、無数の男たちの手が伸びる――!そして夫・隆明は――!?名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!めくるめく重厚な官能ドラマ第26話!!