すやすやSheep

コミック

十二支たちが暮らす天上の世界。だが担当の年度だというのに未(ひつじ)の少女は気持ち良さげに熟睡したまま起きる気配を見せなかった。残業していた午は、痺れを切らして申の少年を引き連れ未の寝室に乗り込む。声を描けても乳房をはたいても一向に起きない少女に、女の身体に興味津々だった申は午にそそのかされてHないたずらを始める。掌に収まらない巨乳を揉みしだき、パイズリで寝顔に射精してしまうも、無意識にザーメンを美味しそうに咀嚼する少女に再び興奮してしまう二人。止まらない睡眠姦はトロトロに蒸した女性器へペニスを挿入し、脱力したゆる膣を犯し始める……。